Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

モルボルさんのインタヴュー記事であれこれ

269 views
約 10 分

そんなインタビューが公開されましたー!(´∀`)

楽しみにしていたので、嬉しかった!

早速見て行きましょうε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

ファンフェス周り

――会場規模に関しては、前回と比較してどれぐらいのものを探すのでしょうか?

室内実際にやってみてどうだったかと、その会場に対しての応募倍率がどれぐらいだったかを考慮して決めます。今回の場合は、“前回と比べて倍の広さではあるものの、空きがそこしかない”ことと、“需要も十分見込めるだろう”ということで、打診があった際、そのまま幕張メッセに決めてしまいました。しかし結果としてはそれでも倍率4倍ということで、申し訳ない気持ちがかなりあります。

――チケットの当落の抽選は、どのように行われているのでしょう?

室内何度も応募してもらうのはわかりにくいところもあったので、今回は最初に申し込んでもらった巨大なプールを最後まで使い続けました。抽選自体は、本当にシンプルなランダムですね。抽選し、当選者の方に連絡して……そのときに購入されなかったチケットを次回抽選用に回し、大元のプールに残っている方々に対して再抽選を行う……というのを何度か続けた形です。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

ほんと・・・、よく当ったな・・・(遠い目

最近ふと思うのですが、最初の抽選で当った自分より、最後の最後で当った人の方がものすごい運を持っているのでは?・・・とw
フレのまるちさんは、協賛企業の枠のやつだったしなぁ(* ̄ー ̄)

いずれにせよ、強運持ち主達の集まりであったのは間違いないですネ。

 

――グッズの事前販売はすごくありがたかったです。

室内それでもグッズ販売コーナーの列が大変なことになってしまったので、もうちょっとやりようがあるんだろうなと反省しました。反面、事前販売がもしなかったら恐ろしいことになっていたはずですので、やってよかったとは思っています。とくに、日本ではご自宅に配達することもできたので、みなさん現地で大きな荷物を持つ必要もなくなりましたしね。

――事前販売で購入した際の梱包の中に、開発/運営チームからのメッセージが付いていたのは、驚きました。

室内あれはわりとギリギリのタイミングで、ストアチームから「入れられますけど、どうしますか?」という話があって実現しました。……いろんなチームがいろんな協力をしてくれています。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

あら、そんなのが入っていたのですかΣ(*´∀`*;)ドキッ!!

粋な計らいですな!

 
グッズは・・・、と言うか列は極力無い方が嬉しいですね(´_ゝ`)

とは言ってもあの規模だから、どうにもならないんでしょうが。
なんか上手い方法は無い物か。

 

――各地のファンフェスを見させてもらいましたが、贔屓目を抜きにしても、日本のリアルクラフターのみなさんのクオリティはとてつもないものでした。

室内すごいですよね。

――ここまで凝った作品が多いのはお国柄なんでしょうかね。

室内それもあるかもしれないですね。欧米でも、応募は来るには来ますが、日本ほど点数は多くないですし。向かっている方向性も、お国柄でトレンドが違うのかなという感じがして面白いですね。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

日本のファンアートを海外プレイヤーさん達がどう捉えているか興味あります。

他リージョンについてはそうでもなかったりするのかなぁ(´ー`)

 

――たしかに、よりキャラクターに対する思い入れが強い印象を受けました。日本ファンフェスでは、チケット上限に対して4倍もの応募があったそうですが、海外もそれぐらいの競争率だったのでしょうか?

室内じつは、欧米のチケット販売方法は抽選ではなく先着順なので、総数がわからないんです。これは、昔から議論があるのですが、文化的に“何をもって公平と見るか”という違いで、欧米は早く並んだ人に優先的に提供するのが一般的なんですね。

 総数は不明ながら、ヨーロッパのほうは数日かけて売り切れたので、「どうしても行きたい!」という人には行き渡ったかなと。逆に、北米はたしか2分ぐらいで完売してしまって。サーバーがクラッシュしかける危機を経ての2分だったので、気づいたときには完売していたと感じる人も多かったと思います。アメリカ側の課題としては、規模をどう広げるかというところが明確にありますね。アメリカはそれぐらいプレイ人口が増えていて、我々のキャパシティが追いついていない感じでした。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

これな(*‘Д’)

北米のフォーラムちょっと荒れてなかった?そうでもない??

 
そして、欧米は先着順なんだ!!o(´□`*o)

欧州はそうでもないから、先着順というのは理解出来ます。
だけど、北米は瞬殺も瞬殺だから、抽選じゃないとモメそうな気がしてなりません・・・。

意外だなぁ。

普段の仕事

――もはや、プレイヤーのなかでは「MCといえばモルボルさん」というのが定番になっていますしね。ちなみに、PLLなどでMCを担当されるようになったきっかけは何だったのでしょう?

室内第1回PLLを放送する前に、「進行は誰がやるか」を決める会議がありました。私は、その会議に参加することができなかったのですが、その結果「室内がやればいい」という話になったらしく(笑)。

――欠席裁判だったんですか!?(笑)

室内そうです、そうです。“こんなにわかりやすい欠席裁判があろうか”という会議が行われ、結果だけ聞き、「おめでとうございます」と言われました(笑)。そんな感じなので、現状がより感慨深いです。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

これは笑ったァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

・・・モルボルさん、偉い人ですよね?(*´_ゝ`)
ああ、でも偉いからこそというのもある?

相手が吉田P/Dだしなー!

 

――ネットでは「一発BANくらった!」みたいなカキコミを見たような気がします。

室内具体的な事例についてはこちらからは言えないのですが、基本的に、一発BANはほぼないです。一発BANになるのは、それこそゲームを破壊するレベルのチート行為ぐらいなもので、プレイヤー間の揉めごとではよほどのことがない限り発生しません。

 実際にBANされた人に何が起こっているのかというと、その手前にいろいろと警告を受けアカウント停止期間を経て、それでも同じような行動を行ったのでBANになった……という流れです。もし、一発BANだと言っている人がいるとすれば、我々にとってのBANは永久停止を指しますが、アカウントの一時停止をBANという人もいるので、そこを混同されているのかもしれません。もしくは、自分の過去を伏せた状態で言っているかのどちらかかなと思います。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

ほほう(・◇・)

と言うことはつまり、BANされた人は、その前に何かしらやらかしていたんだな・・・と思っておいて間違い無さそうですなぁ。
まさかの一発BANだったら伝説級の人物やなw

・・・お友達にはなりたくないかも?(; ̄ー ̄)

 

――室内さんはグローバルコミュニティプロデューサーとして、スクウェア・エニックス作品全般のお客様対応のトップという認識です。割合的には、『FFXIV』にかかわっている時間が長めなのかなという印象ですが……実際はどんな感じなのでしょう?

室内イベントの開催時期など特殊な場合を除けば、1日の仕事量のうち『FFXIV』の割合は30%から50%までいかないぐらいですね。じつは、グローバルコミュニティプロデューサーという肩書きで仕事しているのは『FFXIV』だけなんですよ。それ以外は、カスタマーサービスを担っているコミュニティ&サービス部の部門長をやっているので、仕事の種類がまったく違うんです。
 『FFXIV』のほうは現場仕事に近いことも自分でやりますが、部門長側の仕事は、全体のサービスがどうなっているかとか、新しい仕組みをどうしていこうか、といった“みんながやってくれる物事をうまくまとめる”ことと、”ややこしい問題のエスカレーション先”と、”海外チームを含めたグローバルポリシーの統括”に特化していますね。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

部・門・長・!

はい、やっぱり偉かったー!o(`ω´*)o

お昼時にいつも食べてるからあげとかを披露しているだけのおじさんじゃないのよ?w

 

――フォーラムでの盛り上がり具合とリアルなプレイヤーの温度感はイコールでない場合も多いと思います。議題として取り上げる際の基準はあるのでしょうか?

室内“フォーラム朝会”と命名してはいますが、公式フォーラムだけでなくTwitterなどのSNS、また海外であればReddit、日本であればいわゆるまとめサイト、そしてそのコメント欄など、いろいろなものを見るようにしています。判断基準となるのは、件数と、量と、温度感。各担当言語を見ているコミュニティチームのメンバーが「公式的なコメントを出すくらいホットな話題かどうか」といった判断をしながらまとめてきたレポートを見て、最終的に吉田がジャッジする形になっていますね。

[ 『FFXIV』ファンフェスはいかにして運営されるのか。”ファンフェス番長”室内俊夫氏インタビュー!【電撃PS】 – 電撃PlayStation より]

なんですか、このアチアチな会は(*´_ゝ`)

情報収集をかなりしてるんだなぁ・・・って思ったけど、自分も似た様な事してるわw

このblogを書くためになっ!!(*`ω´)

イジョ

かなりのボリュームがあって、とても楽しめました(;゚∀゚)=3ムッハー

かなりかいつまんでいますので、未読な方は是非是非!!

 
そして・・・

記事を作成されたまぐさんには感謝でございます(-人-)

そんなまぐさんを含め、メディアの皆さんはロンドンへ行かれた模様。

記事楽しみだなー!(´∀`)

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE