Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

同人誌即売会へ行ってきた!~ 薫風香る5月編 ~

379 views
約 8 分

今回はタイトル通りの内容となっております。
FF14は、ほぼ関係ありませんので、興味ある方は見て頂ければと存じます。

 
ぶっちゃけて言うと、いつもクオリティの高いファンアートでお馴染みな黒イ森さんにお目にかかってきた話でございます(*´_ゝ`)

話は今年の頭前後まで遡りまして。
黒イ森さんにリアルでお会い出来る機会が、2度ほど(だったかな?)あったのですが、いずれも微妙にすれ違い・・・。

”ちゃんと会ってご挨拶したいな”と考えていた所へ、今回の同人誌販売会が。
行くしかないo(`ω´*)oと奮い立ち、昨日旅立ったのでした。

まずは

差し入れの調達から(*‘Д’)

最近、差し入れだの、手土産だのを考えるのが楽しくて。
あまりそういう機会も無いので、せっかくだし美味しい物をと考えてしまうんですよね。

加えて、自分も便乗して食べて楽しんでいるというw

 
何にしようかと感があぐねて、私が降り立った地は・・・


麻布十番でございます。

アウェイ感バリバリで、田舎っぺ、かつ貧乏人が来る所ではございませんw

 

Googleマップにて、出発前に確認した目印の建物が無くなっていた時の絶望感は異常!

まぁ、反対側の建物で判断して、事なきを得ました。

 

今回、お店を調べてて見かけた意見に、”駅から少し離れると住宅街”と言うのをぼちぼち見かけました。

確かにそんな感じでしたが、どれだけ得を積めばこんな所に住めるのか、見当も付きませんw

 

目的地へ到着。

手前のインドなお店ではなく、奥のイタリアなお店がそれにあたります。

 

デデーン!

買う前に店内のイートインで試食。
いやまぁ、お店の人が悩んでいたらテイスィテングさせてくれたんですけどね。

言うまでも無く、美味かった(*´¬`)

 
こちらは

個人的に一目置いている羊さんが、オススメしていたお店でございます。

羊さんが良いと言っていれば間違い無い的なやつーw

 
↑の感想に付け加えるとするならば、上のカラメル部分が美味しく、印象的でした。
普段は、そんな風に感じ無いんですけどね~。

あと、上に乗ってるのは食べられない・・・と判断して残してきたのですが、合っているかどうかは不明ですw
飾りだと思うんですけども。

 
黒イ森さんへの差し入れは

こちらのホールタイプにしました(´∀`)

味は、ベーシックなプレーンをチョイス。
いくつか違う味を選んでも良かったんですけど、これなら好きな大きさに切り分けて食べて頂けるかなぁと。

いざお台場へ!

向かっている最中、Twitterを眺めていたら”入場の行列がすごい!”というのを見かけます。
『・・・帰りたい(;´_ゝ`)』と並ぶの大嫌いマンは、悪い考えがむくむくと浮かびますw

そんな訳にもいかず、新橋の駅でちょうどお昼時からご飯でも食べて行こうかなーと昔、よく行ってたお店行ったら無くなっておりました。
しゃーないので、並ぶのを覚悟してゆりかもめへ乗車です。

その車内で、入場には”カタログ”なる物が必要になる事実をここに来て知りました。
今回のイベントは初見なのですが、この為の予習はしておりませんw

 
やべぇよ、やべぇよと、検索しまくって、大体の情報を把握。
ちょうど現地へ向かっていたフレのまるちさんにも確認して、カタログ情報を手に入れます(`ω´)

 

物は、すんなりゲット!☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

その流れで入場へ。
自分が現地へ着く少し前ぐらいからもう待機列ははけていた様ですε-(´∀`*)ホッ

 

目的の黒イ森さんの場所はこちら。

ええ、勿論これで確認などしておりませぬw
大体、作家さんのTwitterアカウントに記載されてたりするので、それを見たりしてますね。

 

これがあの女のハウスね!

・・・いや、マジですごいから夏の祭典行く方は、本当にお気を付けて(;´Д`)
色々聞き及んでるでしょうけど、マジでつれぇぞ!!!!

お客さんもそうだけど、販売する側もこの建物は辛いやろ~・・・。

 

A棟へ行けばいいんだな・・・。

とマジボケをかましていた私(;´_ゝ`)

 
何故かというと

”の11b”の前についていた、A128がA棟を表していると勘違いしたからです!!

ドジっ子にも程がある(白目

 
て言うか、黒イ森さんもうすぐ1万フォロワーじゃないですかΣ(*´∀`*;)ドキッ!!
ちょっと前まで8,000人くらいだと思っていたら・・・。

”なんで自分はこんな凄い人にフォローして貰っているんだろう”と感じる人いませんか?
私にとって黒イ森さんが、その一人です( ̄ー ̄)

 

話を戻して、A棟。

有るはずも無い黒イ森さんのテーブルを探すも、当り前の様に見つからず。
『このギミック難易度高い・・・。』と、軽く心が折れそうになりました。

 


大分歩いてようやく『こりゃA棟じゃねぇな!』と気づき、B棟へ移動。

そして見つけるわけですよ!ついに!!

 

こんな中、歩き回ってようやく辿り着いたテーブルには、行列がΣ (゜Д゜;)

いや、もう現地向かっている途中に完売の報を見ており、誰も居ないだろうと思っていたので、すごく驚きましたねぇ。

 
自分の番が来たので、名刺を渡したら気付いて貰えましたε-(´∀`*)ホッ

と、ここで言っておきたい事があります!

少し前に黒イ森さんとお話しした際に、『中年です^^』と言われていたのです。
なので、『お、自分もです^^』的な返しをしていたのですが

目の前には”どこが”中年やねーん!”なとても素敵な方が、立っておりましたw

ばっちり裏切られましたね、ええ(* ̄ー ̄)
黒イ森さんの印象は、元気で愛想が良く、はきはきとしていて、『これは会った人がみんな好きになっちゃうタイプの人だ』と思わずにはいられないくらい魅力的な方でした。

昨日、お会いした方は同意してくれるよね?(真顔

 
後ろにも並んでいたので、差し入れを渡して早々に離脱。
時間にして2~3分くらいでしょうか。

あ、そうそう!

黒イ森さんと握手させてもらったんですよ。
これで”推しアイドルとの握手会”気分を満喫でございますw

行った事無いけど、大体合ってるはずァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

戦利品


・・・取り置きして貰っちゃった(*´_ゝ`)

完売御礼で、買えなかった人多数みたいですが、黒イ森さんのご厚意で手に入れる事が出来ました。
通販されるそうなのでいずれ購入出来ると思いますが、今の所レアな商品と言った所でしょうか(´ー`)

 
この表紙


こうやって見るとまた違った趣があって良いです。

鉱石が、とても立体的に見えるよねぇ。

 
ネタバレしない程度に感想を書くと、拝見する前に”とある少年漫画を読んでいた世代に見て欲しい”という感じのお話を伺っていたです。

見て納得!
自分は、10月生れなのでアレでした、アレ(´∀`)

 
眺めていると


学者のコレを思い出したんだよなぁ。

今、見比べると、全然違うんだけど、何故かねw

 
あとは”冠座”という一枚絵、最初は草花のイラストだとパっと見で把握しましたが、しっかり拝見し、その全貌が分かった時にハっとさせられました。

ただただ美しいな・・・と。

 

こちらもまた美しいポストカード達。

あんまり見せてしまうと購買意欲が削がれるかと思い、微妙に隠してみましたw

 
黒イ森ファンなら是非とも通販で手に入れて欲しいなぁと思っております。

ただ、黒イ森さんのFF14なファンアートだけが好きだという方だと、少々趣が違うので楽しめないかもしれません。
その辺は、自分の趣向をよく確認してくださいまし。

余談ですが、差し入れしたプリンはお口に合った様で一安心。
喜んで貰えて良かった!

それにしても

黒イ森さんともっとお話してみたい人生だった(遠い目

むしろFF14以外について色々語ってみたいですね。

そんな日が来るといいなと夢見つつ、この辺で〆たいと思います。

 
改めて黒イ森さん、素敵な本をありがとうございましたー!
 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE