Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

コラボ対談であれこれ

467 views
約 8 分

こちらのインタビューもう読まれました~?(´∀`)

『そうか、そういう事だったのね・・・。』と感心しきりでした。
そんな対談より、個人的に気になった部分について書いてみたいと思います。

 

――コラボの経緯を教えて下さい。リリースによれば7年前から話が始まったということですが、今回、コラボ実施に至った経緯を教えて下さい。

吉田直樹氏: プロデューサーレターライブでも触れましたが、7年前、もう約8年前になるんですけど、僕が「FFXIV」を担当するというアナウンスが出た翌日にたまたまイベントで帰り際に、辻本さんが「吉田さん!」と声を掛けてくれて「(発表を)見たけど、何考えてるの?」と言われて(笑)、「まあ、でも、もう決めたから」と返したら、放送では触れませんでしたが、実はあの時、辻本さんから、「モンハン作って欲しかったのに」と言われていて、「でもやるっと決めたらやるんだろうから、(「FFXIV」が)ダメだったら『モンハン』造りに来て。うまくいったら、うまくいった実績を持って『モンハン』造りにきて」とまで言ってくれたんです。

 さらに辻本さんには「立て直すために何でもやるんだろうから、『モンハン』の力を貸せるなら、なんでもできるから言って」と言って貰えたのはかなり僕の中で力になっていて、「FFXIV」はもの凄い状況をひっくり返さないといけなかったので、有名無名に関係なく、自分という人間を応援してくれる人がいるのは、思い切ってチャレンジする上で勇気づけられたコメントでした。でも、だからこそ「FFXIV」が「モンハン」に並べる位置まで行ってからじゃないと、コラボをしても「モンハン」に助けられるだけになってしまうので、「そこまでいくまで頑張るよ」という話をさせていただきました。

[ 【インタビュー】「ファイナルファンタジーXIV」×「モンスターハンター:ワールド」コラボ決定記念インタビュー – GAME Watch より]

( ;∀;) イイハナシダナー

って吉田P/Dを連れて行っちゃダメ、絶対w

 
余談ではありますが、今週のファミ通さんのコラムにも通じるものがあると勝手に思ってます(* ̄ー ̄)

吉田P/D、ダメだった時にモンハン作りに行ったのかなぁ?

 

辻本氏:やるとなったら何もいうこと聞かないのはわかっていたので、それやったら応援させて貰いたいし、凄く真剣にやるのはわかってたので、どっかのタイミングでという話をしたんですね。

 逆に言ったら、お互いが本当に具体的にコラボの話を、「モンスターハンター:ワールド」まで一切しなかったんです。吉田さんはさっきああ言ってましたけど、「モンハン」側から言うと、日本でしかまだそんなに知名度が高くないので、ここでコラボしてもワールドワイドで行った時に逆にこちらが迷惑をかけるかもしれないので、ワールドワイドで展開できるタイミングでやりたかったんですね。「モンスターハンター:ワールド」は、展開自体はワールドワイドで、しかもまだアップデートもしてる状態で、もちろん「FFXIV」はずっとアップデートを続けながら運営しているタイトルで、こんなベストなタイミングはないんで、お話しさせて貰って、そこからは結構スムーズに行った感じですね。

[ 【インタビュー】「ファイナルファンタジーXIV」×「モンスターハンター:ワールド」コラボ決定記念インタビュー – GAME Watch より]

そうか、相手側からしたらFFはワールドワイドなタイトルなんだねぇ( ゚д゚)ハッ!

そんなの気にして遊んだ事無いですけどw

 

――おふたりのそれぞれコラボタイトルのプレイ歴を教えていただけますか?

辻本氏:実は僕は「FFXIV」をほとんどやってなくて、今回のコラボ参加条件は僕に向けた挑戦だと思っています。

――ではこれからプレイしようと考えているわけですか?

辻本氏:そうですね、やらないと怒られると思うので。

――では、これからレベル70にして、「紅蓮のリベレーター」をクリアするところまでやろうと考えているのですか?

辻本氏:意気込みは(笑)。

吉田氏:でも、「モンハン」チームは、ガチ光の戦士が明らかに何人かいるのは明らかで、ベヒーモスはちょっと異常です(笑)。そういう意味では良三さんが、仮に「FFXIV」を挫折したとしても、あまりあるぐらい“光の戦士力”があるチームです。

[ 【インタビュー】「ファイナルファンタジーXIV」×「モンスターハンター:ワールド」コラボ決定記念インタビュー – GAME Watch より]

モンハンの偉い人に紅蓮までクリアーしてもらうとかw

流石に(ヾノ・∀・`)ムリムリ
福岡のゲーム会社社長さんなら余裕なんですけど(遠い目

 

――実装は夏ですよね?

辻本氏:そうです。

吉田氏:僕はコミュニティの反応を見ていたら、「カプコンさんとスクエニの夏は噛み合うのか」というものがあって、ちょっとおもしろいなと(笑)。「スクエニは9月も夏だと言ってるし、実は違う月かもしれないぞ」と。

[ 【インタビュー】「ファイナルファンタジーXIV」×「モンスターハンター:ワールド」コラボ決定記念インタビュー – GAME Watch より]

それは・・・、自業自得という事でよろしいか?ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

もう許したれよw

 

――詳細は今後ということですが、だいたいのコンテンツボリュームを教えて下さい。

吉田氏:両社とも1回クリアしたら終わりというレベルじゃないのは確かです。

辻本氏:現時点ではモンスターにスポットを当てていますけど、ほかにも細かいニヤッとして貰えるようなコンテンツも用意しているので、それもしっかり遊べるようになっています。その辺も追って紹介したいと思います。

吉田氏:その全体ボリュームも含めて、おまえらどんだけやってるんだと思って貰えればいいですね。

[ 【インタビュー】「ファイナルファンタジーXIV」×「モンスターハンター:ワールド」コラボ決定記念インタビュー – GAME Watch より]

・・・周回かな?(*´_ゝ`)

装備品がドロップしちゃうコンテンツかな?(チラッチラッ

 

――ファンに向けてメッセージをお願いします。

吉田氏:良三さんがいま言ったことに近いんですけど、どうしても日本のオンラインゲームって、そう聞いただけでも毛嫌いする人がいて、「モンスターハンター:ワールド」でも、ずっとソロで狩っているという人がいるんですね。

 でも、今回、こういったお話が生まれたのも良三さんや藤岡さんと繋がって、コミュニケーションがあったから生まれたことです。別に1人で遊ぶことが悪いわけではなく、いちいち人と一緒に遊ぶことに理由を付けなくていい時代なので、この2つの、ちょっと前なら考えられないようなタイトルのコラボが人が繋がることで実現するんだから、気負わずに触って貰って、それぞれ良いところが再認識できると思います。

 僕らはユーザーを交換したいわけではなくて、たとえば、「モンスターハンター:ワールド」ユーザーが「FFXIV」をプレイして、「モンハン」の良さを改めて再認識することもあるでしょうし、その逆もあるでしょうし、そういう波及効果が生まれればいいなと思っています。日本の開発者もこんなに馬鹿なことをする人がいるんだよということを世界に見せつけられれば成功だと思います。これから詳細を発表していきますので、楽しみに待っていて貰えると嬉しいです。

[ 【インタビュー】「ファイナルファンタジーXIV」×「モンスターハンター:ワールド」コラボ決定記念インタビュー – GAME Watch より]

ここすごくよかったんよ~!o(´□`*o)

と言うのも、こちらのtweetがありましてね。

 

そんな風に感じるんだΣ(*´∀`*;)ドキッ!!

と、すごく新鮮に感じ、驚きがすごかったです。
吉田P/Dが↑で言ってるのは、こういう事かなって(´ー`)

 
この方のtweetは、他にもモンハンプレイヤーさんの感じた事や、名言(?)があるので興味あったらチェックしてみてくださいまし( ´∀`)bグッ!

イジョ

もっとサラっとしたコラボなのかと思いきや、割と攻めてる感じがします。

この対談を読む限り、お互いの事をリスペクトして作られてる感じがしてとてもよかった(*`ω´)
いやまぁ、大体そうですけどネw

 
あ、そうそう!



トレイラーで流れる、ロゴが入れ替わってて芸が細かいナ~と眺めていたのですが

 
20180614_195832.jpg
20180614_195938.jpg
真ん中の”×”も微妙に違っていたね(^ω^)

・・・14ちゃんの方はエフェクトにも拘っていて、キャプチャし辛かったとだけw

 
8月くらいかなー!?o(´□`*o)

楽しみにしておきましょう(゚∀゚)アヒャ

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE