Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

パッチ4.3インタビュー その1

316 views
約 1 分


すっかり忘れてたけど、もうそんな時期やったんやね( ゚д゚)ハッ!

と言う訳で、インタヴューが掲載されたメディアさん一覧がこちら(*`ω´)

今回は、早くもやりますか!吉田サムネグランプリをw

勝手に審査イインチョのこの私が選ぶNo.1は!!(ザワザワ

Gamerさんです!!o(´□`*o)

電撃さんとそのニコニコな表情ぶりを争ったのですが、電撃さんのポーズ、よく見るしね(*´_ゝ`)
勝因は、あんまり見ない構図という事で、ハイw

さて、今回はこの中から気になった部分について書いてみたいと思います。
てか、全部やるから、当分インタビューネタで埋まるからね?(真顔

まずは・・・。

我々のファミ通!

って事で早速行きます。

 
その前にちょっとだけ言わせて!
いや、前回も言ったんだけどさ

いる?これァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

せめてもうちょい経歴を書くとか盛って、盛ってw

 

──つぎに語られるシナリオの前段階みたいな部分が、ドカンと提示されるのですか?

吉田 『FFXIV』をドラマシリーズに例えるならば、『新生エオルゼア』が第1シーズンという位置づけです。その後の『蒼天のイシュガルド』が第2シーズンで、『紅蓮のリベレータ―』が第3シーズンであるとすると、その3回目のグランドフィナーレを今回のパッチ4.3で迎えることになります。そこからつぎのシーズンに向かって新たな展開が始まるという部分は、いままでよりも明確におわかりいただけるはずです。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(1/3) – コネクト!オン.com より]

つまり・・・エンドロールが流れ・・・る?(*‘Д’)

あれってシリーズの終わりでしたっけかね??
気をつけないと、時間泥棒になるよねw

エンドロールくる時は早送りの方法、確認しておかないとo(`ω´*)o

 

吉田 メインビジュアルに限らず、あらゆるパブイラストは僕が構図を決めているので、こだわってはいますが……じつはそろそろ構図アイデアの引き出しが限界に達していて(苦笑)。

──(笑)。今回はどんなイメージを伝えられたのでしょうか?

吉田 「ヨツユをアップにしたい。以上」みたいな感じです(笑)。

──イラストの縦位置や横位置も、吉田さんが指定されているのですか?

吉田 最初は「いつも通り縦位置でいいかな」と伝えていたんですが、「宣伝用の素材として使いづらい」と言われたため、今回は横位置になりました。すると今度はメインビジュアル制作担当の皆川さん(皆川裕史氏。アートディレクター)が、「ロゴのおさまりが悪いかも」と……。

──そこで吉田さんは何と?

吉田 「もう知らないから何とかしてくれ!」と(笑)。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(1/3) – コネクト!オン.com より]

丸投げや~んw

いやー!でも、今回のビジュアルはすごく好きです(*゜ー゜)
PVリリースされた時も書いたけど、あの月のエフェクトがいいよなぁ。

本当に美しかった。

 
続いて、絶アルテマな流れで。

──極ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦の終盤に登場する、ギミック連発のフェーズが頭をよぎりました。

吉田 あんなにゆっくりではないですね……(笑)。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(1/3) – コネクト!オン.com より]

”絶ナイツ”は・・・あるのかなぁ?(゚A゚;)ゴクリ

もし実装されるのであれば、ちょっとだけやってみたい、ちょっとだけw

 

──海外メディアのインタビューで、松野さんが「とあるふたつの要素がくっつくかもしれない」的なことを確かに話しておられました。

吉田 松野さんにしか書けないので、あの仕掛けはズルイと思います(苦笑)。僕たちの側から、あのアイデアは怖くて提示できません。仮にリドルアナが松野さんの手掛けたものでなければ、「吉田が勝手に書き換えやがって。設定をぶっ壊したな!」とファンから絶対に言われると思います(笑)。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(2/3) – コネクト!オン.com より]

そうね、作った本人以外が手を出すと怒られちゃうもんねw

ここはすごい納得した(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

 
まじでFF12とFFTの記憶が一切無くなってるからなぁ。
ご記憶されてる方が羨ましい・・・。

4.3をめっちゃ楽しめそう(´ー`)

 

──今回からアライアンスレイドで防具をロットインする際にNEEDが選択できなくなるとのことですが、これはかなり大きな決断だったのではないかと思います。そこに至るまでの過程で、どのような議論がなされたのでしょうか?

吉田 「GREEDしか選べないのは問題があるのでは」という反応もあって、開発でもわりと意見が分かれました。それに対して僕が「よくない理由を論理的に教えてほしい」と問いかけると、「欲しい装備がもらえるジョブで参加すれば確実にもらえたほうがいい」という返事でした。

──それに対して吉田さんは何と?

吉田 「それは確実と錯覚しているだけではないか?」と話しました。そもそも意中の防具がドロップしないことにはNEEDが行えないので、「確実にもらえるとは限らない」と。しかも、単独で参加するタンク以外は、ほかのプレイヤーとロールが重複する可能性があるので、仮にNEEDしたとしても確実に手に入るわけではありません。

──確かにそうです。

吉田 同じロールのプレイヤーと、NEEDで勝負をしなければならない……GREEDに限定した場合も、この条件は同じです。もちろん全員がGREEDできるので、パーティ内にその装備が欲しいと思う人が複数いればNEEDにくらべてロットに勝てる確率は下がります。では従来と何が違うのかといえば、“別のジョブで使うから、こっちの防具でもいいや”という選択肢が増えて、アイテムそのものにロットできる可能性が上がることです。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(2/3) – コネクト!オン.com より]

今回のインタビューで一番ハッとさせられたセンテンス( ゚д゚)ハッ!

吉田P/Dの返しに、自分も『確かに』と思ったしw

 
くやしい思いをする事が多くなりそうな気はしてるけど、電子の藻屑になってる装備品はどうにかして欲しかったから、この施策は楽しみにしております(^ω^)

いい方向に行くといいんだけど・・・。

 

──たとえばNQのヤンサセリ999個を、すべて手渡すこともできるのですか?

吉田 できます。ただし、買い取ってくれる合計ギル数に週ごとの上限が設定されているので、それを超過したぶんは消滅してしまいます。また極端に高額な品物を渡すと、かえって損することにもなりかねないのでご注意ください。マテリアみたいなあまり使い道のないアイテムは、わずかな利益を上乗せしてマーケットボードに出品するよりも、ドマ町人地に納品したほうがいいのではないかなと。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(2/3) – コネクト!オン.com より]

納品と聞いて真っ先に思い浮かんだのがマテリアなのよね( ̄ー ̄)

やっぱりそれですかねぇって、パッチ直後は高騰してる可能性もあるしなー!
見極めが必要かもですね。

 

──わかりました。そういえば、あまり高難度コンテンツに挑まない数人のフレンドがアネモス編を熱心にプレイしているのですが、彼らは「もう少しレベリングを長く楽しみたかった」と話していました。

吉田 スタッフに「エレメンタルレベルをジョブごとに分ければよかったかな」と、ちょっとだけ話しました(笑)。レベル上げをくり返すことが好きな人もいれば、それを苦痛に感じる方もおられます。前者に適した味付けにすると、双方の差が極端に開いてしまうので、最終的にエレメンタルレベルをジョブ共通にしました。いずれにせよ、これからのアップデートが進めば、徐々にいまよりもキツさが増すとは思いますし、プレイ時間に関しては大丈夫かなと思います。

──とくに『FFXI』を並行して遊んでいる仲間が、アネモス編でのレベリングを深く楽しんでいます。

吉田 禁断の地 エウレカの最果ての仕様まで、すでに固まっています。そうした方々も踏まえて企画が進行していますので、楽しみにお待ちください(笑)。

──いわゆるライト勢の人が、あれほど楽しそうに新規コンテンツに参加している姿を見るのは久々です。

吉田 そういう意味では、テーマパークとしての新しい遊び場はちゃんと作れたかなと思っています。『FFXIV』を代表するコンテンツのひとつとして、禁断の地 エウレカのシリーズが終わった後も、このタイプの遊びをキチンと作っていくつもりです。そうすれば、今後も幅広い層のプレイヤーから支持を得られるだろうという手ごたえを今回すごく感じています。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(3/3) – コネクト!オン.com より]

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

ライトプレイヤーさんに好評とは初耳でございます。

 
うちのエレ♀さんは、例の如くめっちゃ装備作ってましたけどネ!

武器も含めて装備もだからなぁ。廃すぎるやろってレベルw

 

──それでは読者へメッセージをお願いします。

吉田 週刊ファミ通で連載しているコラムにも書かせていただきましたが、パッチ全体のボリュームが大きすぎるために、プロデューサー兼ディレクターとしてのチェック量が信じられないほど膨大になってしまいました。パッチ4.3シリーズには、たとえばストーリーだけでも、メインシナリオ、リドルアナ、アメノミハシラ、ドマ町人地復興、ナマズオの蛮族クエストの5つが存在します。しかもさらにその先に、事件屋クエストとパゴス編まで控えていて……これらをすべて合わせると、新作RPGタイトル1本ぶんのテキストボリュームを超えるのではないかなと(苦笑)。

[ “絶アルテマ”は“絶タイタン”を内包? 『FFXIV』パッチ4.3吉田氏インタビュー(3/3) – コネクト!オン.com より]

あのコラムよかった~!o(´□`*o)

読み応えありましたぞ。
詳しく書くと怒られそうだから、気になったらみてネw

 
今回は、パッチリリースされてからコンテンツが押し寄せる感じがひしひしとしております。

ボリュームありすぎ(‘Д’)

 
個人的には、1ヶ月後くらいの6月後半に新パッチこないのを祈るのみでございますw

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket