Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

吉田直樹×日野晃博 特別対談であれこれ

639 views
約 8 分

例の電撃さんの対談が、Web公開されましたー!(´∀`)

雑誌媒体のみかと思いきや、公開してくれたのですね。
今度こそ言わせて頂きましょう、太っ腹とw

てなわけで、今回はこの中から個人的に気になった部分をいくつか。

 

――そういう意味で、吉田さんは新生して5年、開発期間を含めればもっと長い間『FFXIV』の大きな開発チームを動かしていますが、そのあたりはいかがですか?

吉田ゲームの開発は、1つの角度から見ればいいというわけではなく、あらゆる方向から見えなければいけません。しっかり動きを想定してプログラムを組んだはずなのに、ぜんぜん違う挙動をすることがいくらでもあります。

 レベルファイブさんの場合、日野さんの意見を絶対視しているスタッフも少なくないと思うのですが、それがゆえに日野さんの“本当の意図”に沿うように、「きっと日野さんの言いたいことはこうだろう」と、自分で判断して軌道修正しにくいのかもしれません。日野さんの意図や指示が、組織の下層に行くにつれて少しずつ欠落してしまう。これを繰り返していくうちに、最終的に日野さんの思惑とはかけ離れたものになる、というケースがあったのかなと。

日野たしかに、完璧な仕様書を作ればまた違うのでしょうが、プロジェクトの中心メンバーとの会議で、ホワイトボードに描きつつ「こんな感じだよね」という指示を出すのですが、プロジェクトが大きいと、なかなか一スタッフまでその意図を伝えるのは難しかったようです。

吉田そこをうまくこなす秘訣というのは、結局のところ“自分と近い価値観”で“自分のやりたいことを1ジャンルしっかりリードしてくれる”同志を集めることかもしれません。

 幸い『FFXIV』にはそういうスタッフが多く、「なんでも吉田の言ってる通りにやれって話じゃない。吉田がこだわってるのは、そこの細部じゃないよ。それくらい自分たちで考えよう」と指示してくれるリードがいることが大きいかもしれませんね。

[ 電撃 – “吉田直樹×日野晃博”特別対談全文掲載! 日本が誇るコンテンツを手掛けた2人の語る“RPG観”とは? より]

ここハッとされられたんですよね~( ゚д゚)ハッ!

特に気持ちをくみ取ってしまう件が。
やりがち、やりがち。

てか、日本人ならわりとやっていそうな感じがしなくもない(´_ゝ`)
それが良いパターンもあるんでしょうけどね。

気をつけねば!

 

――『FFXIV』は物語性や世界観が相当に練られていますよね。『紅蓮のリベレーター』の制作にあたっては、メインシナリオライターの織田万里さんと石川夏子さんとで“シナリオ合宿”なるものを開いたという話も伺っています。

吉田MMORPGというジャンルとしては、ストーリードリヴン型というのは非常に稀有なものです。ただ、『FFXIV』はMMORPGである前に『ファイナルファンタジー』ナンバリングの1つなので、当然としてシナリオを期待する人たちがいます。そのため、しっかりとエンドロールが流れますし、一区切り終えたときに「お話がおもしろかった」と思ってもらえなければ意味がないと考えています。

 『FFXIV』では、“エンドロールが流れるまではMMORPGならではの自由度を奪う”という無茶をしています。その結果、それがユニークだと評価された部分になりました。MMORPGを知らない人にとっては、取っ掛かりとして遊びやすかったと言ってもらえたこともありますので、『ファイナルファンタジー』のナンバリングタイトルとしては正しい選択ができたかなと思っています。

[ 電撃 – “吉田直樹×日野晃博”特別対談全文掲載! 日本が誇るコンテンツを手掛けた2人の語る“RPG観”とは? より]

いつの頃からか、RPGのストーリーを楽しむ自分がおりましたo(´□`*o)

きっかけとか全然思い出せないんだけどw
しかしそういうタイプなら、DQ派になってそうなもんだけど、FF派なんだよなぁ、自分。

 
あとあと、どうしても言っておきたい事があります!!

・・・”ドリヴン”て何?(/ω\)

この後、ググりますw

 

――来週実装なので、今から楽しみです。

日野そのためにパソコンを買い替えましたからね!

吉田先程オフィス見学をさせていただいたのですが、東京オフィスの日野さんのPCが既におかしいんですよ……デスクトップのサイズが、サーバーマシンかと思うぐらいデカイんですよ(笑)

日野“TITAN X”というグラフィックボードを4枚刺しています。これはもう古いパソコンなんですけどね。

吉田そんな状態なので、それぐらい大きな冷却システムじゃないと動かなくなるんですよ。こんなに大きな“パーソナルコンピュータ”を見たのは、生まれて初めてですよ……。

日野個人宅には最新鋭のものが3台ありますよ。この前、初めて半水冷にも手を出しちゃいました。

吉田水冷はカッコイイですからね。とくにスケルトンの水冷は本当にカッコイイんですよね~……。

日野最新の筐体ですごくカッコイイのがあって。次は、“TITAN V”に手を出そうかと思っています。でも、めちゃくちゃ高いんですよね。

吉田日野さんくらい成功している社長さんなら、僕らの世代は車に手を出しそうなものなんですが……日野さんが、スポーツカーのように最新鋭のグラボやPCのよさを語るのがおもしろく仕方がないですよね(笑)。

日野今作っているパソコンもナカナカのもので。正直、高級外国車なんかよりも自作パソコンにお金使っていると思います。

[ 電撃 – “吉田直樹×日野晃博”特別対談全文掲載! 日本が誇るコンテンツを手掛けた2人の語る“RPG観”とは? より]

狂ってる(良い意味でw

そんな電力消費しそうなPC、自分なら起動させるのも躊躇うわァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、
仕事用かYO!っていう(* ̄ー ̄)

 
半水冷って、簡易水冷の事かな( ・ω・)モニュ?
自分も使ってますが、イイゾ!!o(`ω´*)o

 

これ使ってるんだけど、カッコいいのよ(*゜ー゜)

まぁ、うち話題のスケルトンじゃないから、見えないけどねw

 
つか、吉田P/Dは光らせるPC好きなのかなぁ(*´_ゝ`)
個人的には・・・と常々思ってますが、今やその流れですよね~。

本格的な水冷に手を出したいのですが、微妙にハードルの高さを感じる今日この頃です。

 
ジャラジャラと言えば、こちら。

――会社規模の話といえば、吉田さんは4月1日付けで取締役になられるそうですが、それによって『FFXIV』の開発への影響ありそうですか?

吉田『FFXIV』に関しては、何も変わらないです。会社には「僕が今やっていることについて、取り上げる・止めさせるということがあるなら、取締役はお受けしません」と伝えてあります。

――ユーザーの間では、「プロデューサー兼ディレクター兼執行役員兼取締役か。どれだけ役職が増えた」みたいな反応が多かったです。

吉田SNSを見ていておもしろかったのが、「吉田は肩書までジャラジャラしてきて草」というのがあって。「たしかに。ウマイこと言うなぁ」と爆笑してました(笑)。

[ 電撃 – “吉田直樹×日野晃博”特別対談全文掲載! 日本が誇るコンテンツを手掛けた2人の語る“RPG観”とは? より]

肩書きまでジャラついてる執行役員が作っているゲームを楽しめるのはFF14だけ!o(`ω´*)o

てかさ、↑も上手かったけど、これもよかったんよね。

 

誰うま。・゚・(´∀`*)゚・・。ヴァノヽノヽノヽノヽノヽノヽノヽ

好きです!
今日はこれを紹介したいが為にエントリーを書いたようなもんだw

 
なお、Web記事の対談ですが、恐らく雑誌媒体のやつに加筆してる・・・っぽい。
間違ってたらすまんな、でも確認するのめんどいからしませんw

なの、雑誌読んだし~!と思ってる方もチェックしてみてね☆ミ(ゝω・)

今日のニノ国

ノの国も、ニノ国も楽しんでいるワタクシ(*`ω´)
そんな私、どうしてもいいたことがあるので、ちょっとだけ言わせてください!

なお、ネタバレしておりますので、お気を付けて。

 
20180403_220543.jpg
20180403_220553.jpg
20180403_220717.jpg
ちょ、ニノ国のヨツユさん、急にデレるのかい!?Σ(*´∀`*;)ドキッ!!

色々あってこうなったわけですが、なかなかストーリーも楽しいニノ国でした(゚∀゚)アヒャ

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE