Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

4.0直前インタビューであれこれ その1

651 views
約 10 分

本日各メディアさんからリリースされた4.2のインタビュー!o(`ω´*)o
もうお読みなりました~?

複数回に渡って、インタビュー全部見ていきますので4649(*´_ゝ`)

・・・その前に

やるしかねぇ!これを!!o(´□`*o)

私も密かに毎回やっております・・・、とだけw

 

う、う~ん・・・(´ワ`;)

今回は、初見でグッとくる物がないかなぁ。
とりあえず、4gamerさんとGame Watchさんはサムネ小さすぎて論外やぞw

開発blogにも言える事だけど、サムネはこうもっと大きくいこう、大きく(*`ω´)
パっと見た時に、見た目が悪いじゃん?

 
そんな吉田P/Dでございますが・・・

扱いが雑。・゚・(´∀`*)゚・・。ヴァノヽノヽノヽノヽノヽノヽノヽ

現地行かれた際には、これをネタに店員さんを説教してください。
皆、それを写真に撮ってtwitterにうpだーw

で、本題

今回は、ファミ通さんよ!

このサムネもなぁ、中途半端ぁ~w
微妙に、ニヤァという感じでございます。

意味深な笑いって言っておくと、良い感じ?ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

 
あ、あともう一つ言いたい事あった!

いる?これw

いずれにせよ、もうちょい書く事あるやろ!
Wikipediaでもみて、適当に埋めとけ、埋めとけw

 

──パッチタイトルに“暁”の文字が含まれますが、今回は暁の血盟のメンバーがストーリーのカギを握るのでしょうか?

吉田 パッチ4.2と4.3は、“ドマ編”の前編と後編という位置づけになっています。じつは、パッチ4.2の日本語版のタイトルの選定にすごく迷ってしまって。“新しい夜明け”という全体のテーマがすんなり決まっていたこともあり、英語版のタイトルは「RiseとSunを使おう」という感じでスムーズに話が進んだのですが……。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(1/4) – コネクト!オン.com より]

おっ、楽しみ(・∀・)

こんな風に続き物だと言われるのも珍しいですね~。
しかしそうするとドマ編が完結するのは、初夏あたりで。そこまで待たないといけないのかぁ(遠い目

サブで3.0を通しで進めてみて気付いたのは、細切れで楽しむのとはまた違った赴きがあるんだなという事ですね(´ー`)
どうしてもその時その時にメインクエストを進めるので、切れてしまいますが通しで進めてみるとこれはこれでいいんだよなーって。

まぁ、色々な知識も仕入れて、また違った視点で見られるというのも大きいかも?

 

──そうだったんですか(笑)。

吉田 「デザイナーぽくレイアウトしてもいい?」と聞かれたので、「どんどんやっちゃって」と応じました。メインビジュアルに関しては、パッチ4.1で吉田明彦さんにデザインを依頼したことにより、新たな流れもできたと思っています。その流れを受けて今回は、ゲストクリーエータ―に決めたのがあったのと、次元の狭間オメガの第2弾が公開されることもあり、板鼻(板鼻利幸氏)にメインビジュアルをお願いした感じです。(『チョコボの不思議のダンジョン』シリーズを手掛けてきた)板鼻が描くのであれば、やはりアルファ君がいるべきだろうということで、今回の形になりました。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(1/4) – コネクト!オン.com より]

板鼻さんのイラスト、嬉しかった( ´∀`)bグッ!

服着てるのめっちゃ気になるけどw

 

吉田 ですので、ガレマール帝国そのものというよりも、どちらかといえば代理総督として悪逆の限りを尽くしてきたヨツユのほうが、ドマの人々にとって恐怖の象徴になるはず。ところが、その彼女が記憶を失っている、“ふう”で……。

──やはり“ふう”なんですね(笑)。

吉田 それは僕からは何も言えないので、メインクエストをプレイして、自分なりの答えを考えてみてください。「罪から逃れるための演技だろう」と言う方ももちろんいるでしょうが、いずれにせよ、奪還された国に悪逆の象徴が戻ってきたらどうなるだろう……というのがポイントになってくるのではないかなと。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(1/4) – コネクト!オン.com より]

”ふう”なんだΣ (゜Д゜;)

言われるまで、全くそんな風に思ってなかったので、すごく新鮮でした。
そして、これを知ってしまった事で、”ふう”に見えてしまうなぁ。

まぁ、ストーリーの展開は、どうなるかはわからんけどねw

 

──今回は復興もテーマのひとつになるかと思うのですが、たとえばイディルシャイアのように、街の見た目が変わる要素がドマの側にも入ってくるのでしょうか?

吉田 イディルシャイアが持つ機能は、すべてラールガーズリーチに渡してあります。ただし、ドマ町人地の復興がパッチ4.2からスタートします。

──おお!

帝国の攻撃により廃墟と化した、ドマ町人地。かつて大いににぎわったこの市街地の復興が本格的に始まるのだ。

吉田 パッチが進むにつれて風景が自然と変わることもあり、どちらかといえばイディルシャイアとモードゥナは“受動的な復興”というイメージをお持ちかと思います。今回の復興は、プレイヤーがある程度そこに介入できるようにしました。パッチ4.2の時点ではまだ導入部分ではありますが、固有のストーリーが用意されていますので、ぜひそちらをしっかりと観ておいてください。エオルゼア側に避難している人たちとも話が通じるようになっていますので、そちらも訪れていただければと。

──メインストーリーの一環として進行するのですか?

吉田 別のサイドストーリーにしてあります。ちなみに、プレイヤーが介入できる新しいシステム自体は、そのつぎのパッチ4.3にて実装予定です。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(1/4) – コネクト!オン.com より]

こ、これは!o(´□`*o)

いつぞやに有るといいな~と言っていたやつじゃないですか。

 
介入出来るし、固有のストーリーがあるとか楽しみすぐる(;゚∀゚)=3ムッハー

SS撮っておいた方がいいのでは?ってまだ早いかなw

極白虎征魂戦

──ということは、極ニーズヘッグ征竜戦ともまた違うわけですね。

吉田 違います。少なくとも、極セフィロト討滅戦よりは簡単です(笑)。実際、スタッフから「簡単すぎますか?」と聞かれましたし。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(2/4) – コネクト!オン.com より]

あれが最強に難しいだろ(´_ゝ`)

まだ極タイタンと言われた方が現実味あったw

 

──白虎は四聖獣の1体であることは間違いないですか?

吉田 はい。ただ、今回はそもそも征魂戦なので、討伐・討滅戦とは意味合いが異なります。サブストーリークエストなので、カットシーンやクエストの数がメインシナリオよりも限られていますが、パッチ4.2でもっともよくまとまっている物語は、四聖獣奇譚のほうかもしれないと思っています。ストーリー面でいえば、『FFXI』をプレイされている方が、ちょっとニヤッとできる機会があるのではないかなと。また、カワイイものが好きな方にも喜んでもらえるかもしれません。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(2/4) – コネクト!オン.com より]

四聖獣倒したら、白虎佩楯が貰えるんでしょ?ねぇ、そうだと言って!(真顔

コメントにも書いたけど、今白虎佩楯を貰っても併せる装備がないっていうw

零式

──正月休みのあいだ、吉田さんも4層をプレイされたのでしたよね。

吉田 そうですね、今年の年末年始は自分のプライベートアカウントではなく、Yoshi’p Sampoというキャラを全ワールドに作ってもらい、それで色々なワールドにお邪魔していました。各データセンターの零式4層のパーティ募集にもよく飛び込んでましたね。

──クリアー目的のパーティ募集に潜り込まれたのですか?

吉田 “グランドクロス・オメガから練習!”とか、”エクスデス突破までもう一息!”みたいな募集を見つけると、ササッと参加していました(笑)。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(3/4) – コネクト!オン.com より]

吉田P/Dが参加したPTメンバーさんの感想を見ると、みんなベタ褒めなんですよね~。

放送の散歩Verじゃない吉田P/Dのプレイぶりが見たかった(*゜ー゜)

 
4.2の白虎の練習PTに是非w

自分の場合、どうせクリアーするまでに詰まっている未来が見える( ̄ー ̄)

エウレカ

──最初はレベル50くらいでしょうか?

吉田 レベル30です。マギアボードという、禁断の地 エウレカ専用の新しいシステムが用意されており、これを回転させることで自身の攻撃属性と守備属性を変更できます。ただし、レベル6以降はデスペナルティが発生するので、戦闘不能になった後、蘇生されずにホームポイントへ戻ると経験値ロストがあります。また、敵に襲われるとどこまでも追いかけてくるので、スプリントで強引に振り切ることもできません。

──それはたいへんそうです(笑)。

吉田 加えて通常のバトルよりも、ひとつのレベルの違いが彼我の戦力差に大きな影響を及ぼします。とはいえ、フルパーティを組んでひたすらチェーンボーナスを狙い続けることもできますし、ソロによる地道な育成も可能です。

──いわゆる第一世代のMMORPG(多人数参加型オンラインRPG)の魅力に近い印象を受けます。

吉田 はい、意識はしています。

[ 極白虎征魂戦の報酬は武器! 『FFXIV』パッチ4.2吉田氏インタビュー(3/4) – コネクト!オン.com より]

なんだろう・・・嫌な思い出が蘇りそう・・・ウッ

と言いつつ、嬉々としてやってそう感あるw

イジョ

まずはファミ通さんのインタビューでしたー!(´∀`)

私だいぶ端折っておりますので、気になる方は是非↑から記事を見に行ってくださいね~。

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE