Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

パッチ4.1 インタビューであれこれ その2

882 views
約 13 分

第二弾でございます。
まずは・・・

4gamerさーん!(゚∀゚)アヒャ

 

吉田氏:
 奇数パッチはアイテムレベル(以下,ILv)が変わらないので,プレイヤーの皆さんのプレイ率を見ていると,偶数パッチに比べてそこまでIDの使用率が高くない傾向が出てきました。ILvの更新がある偶数パッチに関しては,ものすごい勢いでIDを周回されるので,新IDが2つないと飽きると思うのですが,奇数パッチはもうほぼ装備もそろっていると思うので,それなら新しいパターンのコンテンツにコストを回そうと。

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

え、みんなそんな周回してんの?Σ(*´∀`*;)ドキッ!!

偶数も、奇数も変らず同じペースでIDへ行ってるのでこれはすごく意外だった!

 

4Gamer:
 もうすでに5.0への助走が始まっているという感じですね。

吉田氏:
 そうですね。あまり隠してもアレなので言っちゃいますが,もう大体の筋も決まりましたし。また次のステージに向けてやっていけたらなと思っています。

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

はやすぎぃ~!

と言いたい所ですが、もうそんな時期なんだねぇ(シミジミ

 
来年のファンフェスで公開・・・かな?(´ー`)

 

4Gamer:
 ちなみに,楽曲はやはり原作のアレンジになるんでしょうか?

吉田氏:
 今回は祖堅(サウンドディレクター 祖堅正慶氏)とも話をして,PSP版の楽曲をそのまま使用させていただきました。ここはコストからそうしたわけではなく,音質も含め完璧だったので,そのままの方が良い,という判断がありました。ぜひ曲にも注目してもらいたいです。懐かしさというか,今聞いてもやっぱり凄いなって感じていただけると思います。何故か僕と松野さんは,コンテンツをクリアした時が一番グッと来ましたね(笑)

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

ほうほう(・◇・)

PSPで完璧と言わしめるとは・・・、そんなクオリティが高い出来だったんですなぁ。
当時、担当された方はどなただったんでしょうね?

 

4Gamer:
 それは非常に楽しみです。パッチ4.1ではワールド間でアライアンスパーティを組むことも可能になりますよね。

吉田氏:
 組めるようになります。そういえば,昨日はみんなオーケストラの余韻に浸りたくて,シルクスの塔が高速マッチングしたみたいですね(笑)

4Gamer:
 そうみたいですね(笑)

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

マジか、みんなどんだけシルクス行きたかったんだァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

・・・気持ちはわかる(*´_ゝ`)
てか、単純にあの音を聴いたらゲームしたくなるよねw

 

4Gamer:
 おお! タイタンエギが使いやすくなりそうです。バハムートもそうですが,バトルのエフェクトとかを考えるのってすごい大変そうです。竜騎士を使っていると,次元の狭間オメガ零式:デルタ編の3層に出てくるマインドジャックとドラゴンサイトの線が似ていて迷ってしまったり……。

吉田氏:
 ドラゴンサイトの線についても議論しているんですが,今回はまだそのまま残すことにしました。ドラゴンサイトの線……もえるととても嬉しいんですけどね……。

4Gamer:
 黒魔道士ですもんね(笑)

吉田氏:
 プレイしていて感覚的にわかってくれることが多くて,あ,きたきた……という感じで。確かにバフアイコンでもわかるのですが……ここはもう一段フィードバックを待とうと思っています。

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

・・・もえる?(*´_ゝ`)

まぁ、確かに萌えるけどもw
いきなり話がぶっ飛んだ方向に行ったので、混乱しましたが、恐らく”もらえる”かなーと。

 
そうか、DPSの人は貰えると嬉しいのですね(・∀・)
占星術士の単体アーゼマ的な感じでしょうか~?

 

4Gamer:
 そういえば,パッチ4.0でNPCと共闘するようなシーンがけっこうありますが,範囲攻撃を避けたりするようになりましたよね。このAIは,冒険者小隊に使うのを見越して開発されていたりしたんでしょうか。

吉田氏:
 いえ。そんなことはないです。例えば,4.0メインシナリオに登場する「終節の合戦」などは,NPC一人ひとりのAIが手作りです。範囲を避けたりして,クオリティがすごい高く見えますよね? あれは専用のコードを書いているんです。

4Gamer:
 学者のクエストなんて,頭割りや散開もしっかりしていて驚いたんですよ。

吉田氏:
 学者のクエストは完全にプログラムですね。コンテンツディレクターというコンテンツ全域を支配しているプログラムが必ず1個あるのですが,“そいつの頭割りが来た場合,対象NPCを集合させる”とかを手作りで実行しているからです。

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

φ(`д´)メモメモ…

この辺、気になってんよ~~~!
すげぇ特殊な制御をそれぞれ個別でやっているのかぁって。

 
ほんとNPCとの共闘が多いからどうしてるのかなと。

今回、ここで知ることが出来てすごい嬉しい(*゜ー゜)

 

4Gamer:
 ライバルウィングズにも,ストーリーや設定などはあるんでしょうか。

吉田氏:
 もちろん,チラッとは用意していますが,あくまでゲームの面白さ優先です。最初は魔導アーマーを使おうかと思ってたんですが,設定班から帝国の兵器をエオルゼア側で使わせるのはどうしても嫌だと言われまして……。

4Gamer:
 気持ちはわかります(笑)

吉田氏:
 戦争とかで拾って来た残骸を,リムサカラーとか,ウルダハカラーにして,対帝国模擬戦として使えばいいと思ったのですが……でも,どうしても違うと言われまして。じゃあ,そっちの話は飲んであげるから,ゴブリンを使うよ! という理由でゴブリン兵器になりました(笑)。

[ 「FFT」を題材にしたアライアンスレイドが登場。「FFXIV:紅蓮のリベレーター」パッチ4.1直前,吉田直樹氏インタビュー – 4Gamer.net より]

ナンヤテ!

世界設定班のこだわりに敬礼!(`ω´)ゞ
でも、これは”わかります”としか言えないよなぁw

 

続いて、gamerさーん!(゚∀゚)アヒャ

 

――4.0ではキャラクターのなりゆきに驚かされることが多くありました。中でも一番驚かされたのがヨツユの生存です。彼女は過酷な幼少期を過ごしていましたが、代理総督としてやってきたことは取り返しのつくことではありません。その上で、彼女があそこで生き残った意味というのは何なのでしょうか。

吉田氏:もちろん彼女が生き残った意味はあります。ただ、4.0によって大きく時代が変わったからといって、多くの時間が流れたわけではありません。ヨツユに関して言えば、まだ語られていない部分が多くあります。現状判明している部分だけでは、ヨツユが人をあそこまで憎むようにはならない。今後のさらなるキャラクターの深掘りに注目していただければと思います。

[ 「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」PvP関連の新情報盛りだくさん!背中合わせに描かれたメインアートに込められた意味も語られたパッチ4.1インタビュー|Gamer より]

たしかにー!(‘Д’)

あれは本当に驚かされた・・・って、もういいのかな?このネタを取り扱ってもw

 

――「紅蓮のリベレーター」から登場したキャラクターたちは、魅力的な人物が多くいました。特に“余輩さん”ことマグナイの人気は断トツですが、ゼノスも多くのユーザーに愛されるキャラクターになりました。この反応は、吉田さん的にはいかがでしたか?

吉田氏:ゼノスが皆さんに受け入れてもらえるかどうかは、賭けの部分もありました。FFXIVの世界では政治なども絡み合っているため、分かりやすい“悪”を表現するのが複雑なんです。人の思想は、立場が変われば正義も悪も入れ替わってしまいます。

ゼノスの思想はただ真っ直ぐで、政治的な思想も人道的な思想もあるわけではなく、“ただただ純粋に自分と対等に戦ってくれる相手がほしい”という一点のみ。ですので受取り方によっては「薄っぺらい」と感じられてしまう可能性もあると、僕も開発チームも懸念しながらキャラクターを作っていました。4.0前のPRで「誰も共感できないかもしれない」と言っていたのは、予防線の意味合いがあったんです(苦笑)。

[ 「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」PvP関連の新情報盛りだくさん!背中合わせに描かれたメインアートに込められた意味も語られたパッチ4.1インタビュー|Gamer より]

おっ、人気あるんだ?(^ω^)

個人的には、腐女子のおねー様方に人気なのかなって思ってますがw

 
前にも言いましたが、ゼノスは圧倒的強さだったから、やはりもっと強くなってから倒したかったんだよな~~~~!

勝てる気がしない強さだったよw

 

――続いて、パッチ4.Xシリーズのアライアンスレイド「リターン・トゥ・イヴァリース」について質問です。アライアンスレイドは、毎回凝った演出や仕掛けなどがあり、個人的にも非常に楽しみなコンテンツの一つですが、今回の目玉となる演出などはありますか。

吉田氏:元々FFXIVチームは、新生する前からFFXIIチームのメンバーが多くいて、松野さん(松野泰己氏)がスクウェアにいらした頃のいわゆる“松野組”と呼ばれる人たちも多いのです。そこに体制変更で入った前廣(前廣和豊氏/シナリオセクション:マネージャー)なんかは、まさに松野さんの一番弟子という感じなんです。みんな松野さんの作品に対する思い入れが強いんです。

また、僕同様に松野さんの作品が大好きな開発者も多く、バトルコンテンツの担当者もイヴァリースに出てきたものをFFXIVのバトルに再現しようと気合が入っていて、初めての人でも「すごい!」と思ってもらいつつ、「ファイナルファンタジー タクティクス(FFT)」や「ファイナルファンタジーXII(FFXII)」をやっていた人がプレイした時に「これをこうするのか!」と驚いてもらえるような要素が盛り込まれています。

[ 「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」PvP関連の新情報盛りだくさん!背中合わせに描かれたメインアートに込められた意味も語られたパッチ4.1インタビュー|Gamer より]

ほんと皆さん反応がすごくて(;´_ゝ`)

『あれは○○だよね~』なんて過去作の元ネタを言い当てて、おじさんびっくりです!><;

自分はもうかなりの勢いで忘れ去っているので、マジわかんねぇ。
やはりFFTとFF12をやり直しておくべきだったと今更後悔(ノ∀`)

でも、オフゲをやる元気もないっていうァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

 

――報酬は防具になりますか。

吉田氏:いつも通り防具です。デザインについてはストーリーと絡んでいるため実装までお見せすることはできませんが、今回は微妙に変化球です。デザインにも意図があるので、いずれお話しできればと思っています。

[ 「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」PvP関連の新情報盛りだくさん!背中合わせに描かれたメインアートに込められた意味も語られたパッチ4.1インタビュー|Gamer より]

あっ、言われてみれば報酬の装備グラ出て無いね( ゚д゚)ハッ!

みんなそれだけ報酬よりコンテンツ自体に目が向いてるという証拠でしょうか。

 

――個人的なことですが、チャットが可能だった頃は、試合が終わった後に上級者の人に「何がいけなかったのか」などを聞いて、それで上達したこともあるので、試合後だけでもできるようにならないでしょうか。

吉田氏:これはFFXIVの中だけの話ではなく、世界中のPvPゲームでテキストのチャットも、できればボイスチャットも廃止しようという流れなのは避けられないと思います。試合後のチャットについても、当然そういったことがある反面、ここぞとばかりに暴言を吐かれる可能性もあり、また実際にそういうことがあってしまうのが悲しいですね……。

特に日本はSNSが強い文化なので、そういった極端な例をたまたま目にしてしまうと、知らない人などは「ザ・フィースト」全体を「そういうもの」だと思われてしまう。僕は基本的に性善説を信じていますが、データを見る限りまだチャットをオープンすることはできないと思います。

[ 「FFXIV: 紅蓮のリベレーター」PvP関連の新情報盛りだくさん!背中合わせに描かれたメインアートに込められた意味も語られたパッチ4.1インタビュー|Gamer より]

個人的に、これを書いてる方に好感を持ちました(´∀`)

相手に聞きに行くって14ちゃんではなかなか出来ない感じがするので。

チャット周りは色々ヤバそうですね(´ワ`;)

 
つーか・・・

この方はPvPがめちゃめちゃ好きっぽい(*´_ゝ`)

他のメディアさんではありえないくらいめちゃめちゃPvPがらみの質問してましたぞw
吉田P/Dも嬉しかった・・・かもしれませんね(´ー`)

 
とまぁ、これで終るのですが、最後に一言だけ言わせてください!!

なぜ〆にこの写真を選んだしァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

もうちょっとこう爽やかな笑顔の吉田P/Dとかあったやろ!><;

 
最後まで読み進めたら、疲れた感じの吉田P/Dが出て来て驚いた私がおりますw

 
余談ですが、今回のサムネは今のFCハウジングのお庭の模様となっております。
かわいいでしょ?(^ω^)

ええ、勿論内容と一切関係はございませんw

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE