Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

アジムステップにおけるもう一人の主人公?

2659 views
約 23 分

ネタバレおじ、公式からのお知らせを見て震える・・・:(;゛゜’ω゜’):

わしら優遇鯖にこれいる?ε-( ̄Д ̄*)y-~

正直、いらんやろ~w

 
と言うか、混雑鯖あたりにだけ適応していただければ?

私は忘れない・・・。
故郷ウルダハに一極集中で人口過多になった際、不便な場所にエーテライトを設置したり、グラカン装備がズバ抜けて魅力がなかった事を(ギリッ

 
20170625_133204.jpg
20170625_133209.jpg
と言う訳で、開けてきましたv(^ω^)v

と言うか、エーテライトが追加されてるとは思ってもみなかった!o(`ω´*)o

 
夢を諦めてはいけない・・・。

そう、いつか魅力的なグラカン装備を実装されてる事を夢見ようじゃありませんか!o(´□`*o)

 
何年後かな~?ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

余輩様より

ドタール族の偵察任務を授かった我々ご一行様は、彼の地へ。

20170619_093417.jpg
青き衣の男
ゲホッ……ゴホッ……。
すまんな、恩に着る……。
ゴウセツ
そちらの御仁は、間一髪でござったか。
だが、もうひとりは……。
ゴウセツ
拙者が獣を退けたときには、すでに手遅れでござった。
爪を受けた場所が悪く、致命傷となったと見える……。
青き衣の男
そうか……。
それは悔しいやられ方をしたな……。
20170619_093433.jpg
????
おい、テメェら。
いったい何があった?
20170619_093439.jpg20170619_093445.jpg
青き衣の男
サドゥ様……。
申し訳ない、狩りの帰り道に油断して、
獰猛なマンザシリの奇襲を受けた。
青き衣の男
俺はこのとおり助けられたが、あいつは……。
20170619_093454.jpg20170619_093456.jpg20170619_093459.jpg
サドゥ
フン……それで、テメェらは何者だ?
いかにも余所者ってナリだが、
無関係な奴が、こんな砂漠を通るわけがない……。
サドゥ
さては、どこかの部族についてるな?
言え、何族の者だ。
20170619_093511.jpg
ゴウセツ
拙者たちは、モル族の世話になっておる者。
ゆえあって、強豪と音に聞くドタール族の様子を見に参った。
サドゥ
モル族? あの神託の……?
戦なんて滅多にしない、弱小の……!?
サドゥ
ハハハッ、こいつは珍客だ!
しかも、今どき様子を見に来たってことは、
テメェらを引き入れて「終節の合戦」に参加する気か!
サドゥ
いや、悪いな……。
あんまりに予想外だったもんで、つい楽しくなっちまった。
20170619_093529.jpg
サドゥ
オレは、サドゥ……ドタール族の現族長だ。
うちの仲間を助けたのに免じて、少しの偵察なら許そう。
20170619_093534.jpg
サドゥ
もしも、テメェらがオロニル族の手の者だったら、
この場で、骨も残さず焼いてたけどな。
サドゥ
おい、立てるようになったら、
そいつの死体を、いつもの場所に捨てておけ。
オレは先に戻ってる。
青き衣の男
ああ、わかった……。
ゴウセツ
まさか、いきなり族長と会うことになるとは……。
素直にモル族を名乗ったのは、正解だったでござる。
ゴウセツ
しかし、サドゥとやらと亡くなった御仁は、同族でござろう?
仲間の亡骸を「捨てておけ」などと言いおって!
ぐぬぬぬ……!

サドゥ様キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

表情がどうかと思いますが、悪そうなサドゥ様にぴったりかと思い今回、名乗っている部分のSSを使ってみました。

ご本人に感想を聞いてみたいですが、恐らく焼かれるかと存じますw

 
あと、咄嗟にモル族を名乗ったゴウセツはやるなぁって。

ここの選択肢一つで運命が変っていたのでしょうね。

 

20170619_093724.jpg20170619_093726.jpg
サドゥ
ゲセルが死んだ。
最後は気を抜いていたとしか言いようがないが、
あいつは勇敢な戦士だったからな、じき戻ってくるだろう。
シャル
そうですか……。
あの人ったら、じき「終節の合戦」もはじまるっていうのに。
今度は油断しないよう、きちんと言ってきかせないと!
20170619_093750.jpg
ゴウセツ
ムムムッ?
ゲセルというのは、先ほど亡くなった御仁か?
「戻ってくる」とは、どういうことでござる。
サドゥ
なんだ、そんなことも知らずに偵察にきたのか!
オレたちについて、何も聞いてないわけじゃないよな?
ゴウセツ
ううむ、シリナ殿は確か……
とても勇猛な、猛者の集まり……とかなんとか……。
20170619_093815.jpg
サドゥ
そうだ、ドタール族はもっとも勇敢な戦士。
死ですら、オレたちにとっては恐れるものじゃない。
サドゥ
よその部族の奴にはわからないらしいが、
オレたちは、戦いの高揚が「魂の輝き」を生むのを感じてる。
20170619_093831.jpg
サドゥ
勇敢に戦って、おおいに輝いた魂は、
肉体が滅んでも、すぐに新たな子として生まれてくる。
伝統的に、おおよそ死んでから1年以内だ。
サドゥ
オレたちは、新たな子が誰の生まれ変わりだか見極め、
同じ名をつけ、再誕と再会を祝福する。
そしてまた生まれ変われるよう、勇敢に戦うんだ。
ゴウセツ
では、おぬしらは、死んだ者と生まれた者を、
同じ人物として扱うのか?
そんな……とても信じられぬ!
20170619_093911.jpg20170619_093912.jpg20170619_093914.jpg20170619_093923.jpg
サドゥ
偵察することは許したが、
オレたちの誇りを傷つけるような真似は許可しない。
20170619_093927.jpg
サドゥ
言葉と振る舞いには、気を付けるんだな。
……それじゃ、あとは適当にしろ。

異文化交流って難しい!><;

リアルでも自国とはまった異なる他国の文化をいきなり悪く言うのは止めましょう。

ケンカの元だぞ☆ミ(ゝω・)

 
さらにドタール族へ聞き込みをします。

ココ
あーっ!?
おたく、ちょっと前に再会の市にいただろ!
なんか見た顔だなって思ったんだよ!
20170619_094116.jpg
ココ
あの日は、オロニル族の野郎にケンカふっかけられてよぉ。
最低な気分でぶらついてたら、おたくらを見かけたんだ。
で、なんか変な奴らがいるなーって。
ココ
また会うなんて思ってなかったが、縁は結べ、再会は祝せだな。
オレは「ココ」ってんだ、よろしく!
ココ
アン? 名前が可愛いだと……?
そりゃ、最初のココは女だったんだから、仕方ねぇだろ。
20170619_094124.jpg
ココ
今のココ……オレは男だけどよ、
身体の性別なんて、魂の根源にはちっとも関係ねぇ。
どっちに生まれ変わろうが、この魂が宿るかぎり「ココ」だ。
ココ
……ま、余所者には、ちっとややこしいか。
名前と身体の性別が合ってても、言動が一致しない例もあるし。
20170619_094129.jpg
ココ
サドゥ様を見てみろよ。
前の三代が男で、当代でもまわりが同じに扱ったもんだから、
すっかり男前に育ってるだろ!

なるほど、納得の理由ですねァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

男前すぎる気もしますがw

 
市場で名前を名乗った、オロニル族の反応はどんなもんだったのでしょうか?

ケンカにはならない気がします(* ̄ー ̄)

 
もう一度、サドゥ様へチャンレジ!

20170619_094318.jpg
サドゥ
フフン……思ったとおりだな。
その顔、ろくに偵察の成果が上がってないんだろ。
20170619_094321.jpg
ゴウセツ
うぐっ、なぜわかる!
さては、事前に戦支度を隠しておったのか!?
サドゥ
違うな……。
テメェらが今見ているもの、それがドタール族のすべてだ。
20170619_094327.jpg
サドゥ
オレたちは、小細工や奇策には頼らない。
己の力と技だけで、どんな困難な戦であろうが勝ちにいく。
そのために必要なのは、鍛錬の積み重ねだけだ。
サドゥ
だから、偵察なんて最初から無意味なんだよ。
テメェにそれを命じた奴に、
いいから正面きって来やがれ、と伝えておけ。
20170619_094336.jpg
ゴウセツ
ふむ、相当な自信でござるな……。
それを口先だけにせぬ実力も、あるのでござろう。
ゴウセツ
しかし、ならばなぜ、ドタール族はこれほど少ない?
モル族を弱小と笑ったが、繁栄の具合はそう変わるまい?
20170619_094342.jpg20170619_094343.jpg20170619_094345.jpg
サドゥ
……死を恐れず戦うということは、
裏を返せば、死を避けないということだ。
サドゥ
ドタール族は、しばしば「死の獣」と喩えられる。
多くを殺すが、多く死ぬ……
戦場に放たれれば、死体の山しか残らない、とな。
サドゥ
その中には、魂の輝きが足りず、生まれ変われない奴もいる。
すると、生まれてくる赤子の数が、死者の数を下回る……。
サドゥ
遺された者は、一族の衰退を止めるため、
よりいっそう鍛練を積み、魂を輝かせようとする。
それによってまた栄え……オレたちの歴史は、その繰り返しだ。
サドゥ
今はちょうど、衰退の底。
だからオレたちは、懸命に戦う……戦い続ける。
20170619_094405.jpg
サドゥ
それは、死んでもいいからじゃない。
生きるため、次に繋げるために、この命を奮わせるんだ。
20170619_094417.jpg
青き衣の男
話の途中で、すまない。
……サドゥ様、ゲセルの死体は無事に置いてきた。
サドゥ
ああ、わかった。
あとは砂に任せて、テメェも休め。
これ以上、戦力を減らすわけにはいかないんだ。
20170619_094430.jpg
サドゥ
ほら、テメェらも、そろそろ帰れ。
本気で合戦に出るなら、次会うときは殺し合いだ。
変に情をもつようなら、うちの部族に入れちまうぞ?
ゴウセツ
あ、ああ……では、おいとまするとしよう。
だが、よければ最後に、
ゲセル殿の亡骸の場所を教えてはもらえぬか?
ゴウセツ
縁あって最期に立ち会ったものとして、
ひとこと弔いの言葉をかけたいのでござる。
20170619_094438.jpg
サドゥ
弔い、ね……。
まあ、オレたちにとって、魂の抜けた体は土と同じだ。
テメェの好きにして構わない。
サドゥ
死体はいつも、西の砂漠に置く。
飢えたガーダンがたかるから、近づくんなら気をつけな。

図星だったサドゥ様、ちょっと可愛く見える(*゜ー゜)

デレ・・・ではないな、多分w

 
それにしてもシビアな一族だよ!o(´□`*o)

繁栄していた時期はどんなもんだんだろう(‘~’)
やっぱり偉そうな口ぶりで、余輩は~とか言っていたのでしょうかw

 

20170619_095047.jpg20170619_095053.jpg
ゴウセツ
まこと、そのまま打ち捨てるか……。
何を慰めるわけでもなく……。
20170619_095114.jpg
ゴウセツ
ここで幾多のドタール族が、砂に還ったわけだな。
彼らの言う魂の巡りは、とてもすべて信じきれぬが……
なるほど、かように潔く感じる墓場は、はじめてにござる。
20170619_095140.jpg
ゴウセツ
隣、失礼いたす。
20170619_095145.jpg20170619_095149.jpg20170619_095154.jpg
ゴウセツ
最初に話を聞いたときは、
またおかしな部族がいたものだと思ったが……
真の在りようを知れば、武士にも通じるものがござる。
ゴウセツ
……拙者たちも、主君のためとあらば、命さえ投げ打つ。
しかし、それは死を好ましく思うからではない。
ゴウセツ
己が死の先に、果たせる大義があると信じるがゆえ。
幕を引くはここぞと知り、心血を燃やし尽くせるは、
まこと命の本懐にござる。
20170619_095218.jpg
ゴウセツ
つまるところ、拙者も……
そのような死場を求めているのでござろうな。
20170619_095230.jpg20170619_095237.jpg20170619_095238.jpg
ゴウセツ
なに、まだそのときではござらぬ。
主を人質にとられたままとあっては、
死んでも死にきれぬからな!

ここのやり取りもいいよねぇ(´ー`)

日本人なら理解出来る人が多そう。

 
・・・ゴウセツにちょっぴり死亡フラグが立った気がしなくも無いですがw

次はいよいよ決戦だー!o(´□`*o)

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。

コメントを残す

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE