Hiragana de Miqo'te

ポリシーです(キリッ

イベントの始まりに

84 views
約 1 分

発売された北米ファンフェスチケット!o(`ω´*)o

『お、もうそんな時期か』と思いつつ、あっさり売り切れたみたいで・・・(´ワ`;)
北米人気すごすぎ!

 
んでんで

こんな物が発売されるようです(*`ω´)

↑のリプに『北米でチケット売り切れてるのに、日本人が参加出来るのはどうなの?』的なご意見が。
まー、言われるんだろうなぁとは思っていた(* ̄ー ̄)

 
まだ発表は無いけど、逆に日本のファンフェスにて海外から来られる方のツアーがあるんじゃないかなぁ?と踏んでおります。
だからまぁ、おあいこなのかなぁという予想。

日本でチケット発売の際、こんな告知を見かけて『一丁暴れてやりますか^^』となったとしても、北米を思い出すんだw

 
ただ、北米のtweetのリプには”More Tickets”が多数見受けられるので、追加チケットの販売とかあるといいなぁと願って止みません(-人-)

お祭りだしね~、一人でもハッピーな方がいいよね。

肝心の中身

まずはここをチェックだ!

■ご旅行代金:299,200円(税込)
  (別途:燃油サーチャージ、ESTA登録費用)

[ FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2018 in Las Vegas ツアー より]

・・・妥当?(*´_ゝ`)

個人旅行と比べたらそら高いでしょうけど、パッケージツアーだもんね。
色々やらずにほぼ用意していくだけなら、こんくらいかなぁって個人的には思います。

余談ではありますが、私が行ったロシア旅行はこれの数万お安い程度でした。
ほぼリアフレが色々用意してくれて、私行くだけだったんだよなぁ。

マジで、ありがたみしかない!o(´□`*o)

 
さて、一番大事なお値段を見たのでw、中身をチェックです。

aaa27f4e-0f6f-463b-86e6-07f0ea3fe437.jpg
※:pdfファイルになります。

[ 日程表 より]

コンパクトにまとまってる感じですかな(´ー`)

長そうに見えて、現地だとあっと言う間に過ぎて行くんだろうな~。

恐らく初日の飛行機飛ぶ前ぐらいが一番ドキドキしつつ、楽しい時でしょw
勤め人なら定時上がりでそのまま・・・って、微妙に間に合わないか(‘~’)

 
その他にも書いてありますので、ご興味ある方は↑のサイトをチェックしてみておくんなまし!

・・・今年、ロシア行ってなければなぁ(遠い目

ファンフェスでもイベントがあるヨ

こちらについて。

タイミングがいいので、少し中を見てみますって、なんか吉田P/Dを見るの、すごい久々な気がするw

 
もう一人の遠目から見たら『・・・モルボルさん?』と言ってしまいそうな方は

デルの人でしたかΣ(*´∀`*;)ドキッ!!

いやでもほんと遠く離れて見たらモルボルさんっぽくないか?w

 

――ワールドチャンピオンシップまではいかないとのことですが、最初の大会は風呂敷をそんなに広げないという意味合いなのでしょうか?

吉田 世界規模でゲームを見ると、MOBA(※)やFPSを始め、日常的にオンライン大会、オフライン大会が開催されています。『FFXIV』チームはゲームを運営することはベテランでも、公式なPvP大会を運営するという経験が一度もありません。たとえほかのゲームの大会を参考にして大規模な大会を開催したとしても、それが果たして参加されるプレイヤーの方や、試合を観戦する方にとって満足のいくものになるのだろうかという懸念がありました。僕はどちらかというと慎重派なので、しっかり各リージョンでナンバーワンを決めるというところまでをやれてから、そのつぎのステップとしてワールドチャンピオンシップを考えていきたい。今回の大会をスタートにして、我々が大会を運営する経験を積み、年単位の時間をかけて徐々に拡充していければと考えています。遠い目標でも、一歩目を踏み出すことが重要だと考えています。『新生FFXIV』もそうやって育ってきましたしね。

[ 『FFXIV』初のPvP公式大会のオンライン予選が開始! ふたりのキーマンに独占取材「参加だけでなく、身近な代表を応援してほしい」 – ファミ通.com より]

ふむふむ(・◇・)

吉田P/Dらしい考え方だなぁと納得してしまいました。
初回って見る側の基準にもなるし、丁寧、に大事に進めて欲しいなぁと自分も思います。

 

――ちなみに、柳澤さん自身も光の戦士(『FFXIV』プレイヤーのこと)とお聞きしましたが。

柳澤 そうですね。ただ、プレイヤーだからこそ、『FFXIV』の仕事はすごく慎重になって取り組んでいます。長くプレイしているからこそ、公平性を保てるように、意識して一歩引くようにしていますし、この企画を進めて本当に大丈夫なのかというのを、ほかのタイトルと組むときよりもじっくり考えましたね。

吉田 それはすごくわかります。僕も取締役と執行役員を兼ねていながら、部門やタイトルの責任者でもあるので、投資判断をどこでするかということを、つねづね公平にやっていかないといけません。柳澤 さんが公平にやっていらっしゃるからこそ、今回の企画が通ったと思うので、すごくありがたいです。

[ 『FFXIV』初のPvP公式大会のオンライン予選が開始! ふたりのキーマンに独占取材「参加だけでなく、身近な代表を応援してほしい」 – ファミ通.com より]

えーw

まさかの光の戦士さんだよ(* ̄ー ̄)
てっきり仕事上のお付き合いかと思いきや・・・。

 
この方のスタンス、嫌いじゃないってかむしろ・好・き・(*´Д`*)
これを聴けただけで、信頼してしまいそうw

 

――その担当の方のフィルターを通して、レギュレーションを決めていったと。

吉田 日本、北米、欧州の各リージョンは、ワールド数も違えば、データセンターの規模も違うので、そこはバランスが取れるように、僕が基礎を作ってから、その後でPvP担当者と懸念点を調整していきました。いちばん時間がかかったのは、意外かもしれませんが各国の法律関係の調整でした。『FFXIV』のサービス地域と、大会が行える地域というのが必ずしもイコールにはならない場所も出てきてしまうので、そこは本当に苦労しました……。あとは、ファイナルまで進んだプレイヤーの方たちは、それだけでも栄誉のあることなので、ファンフェスティバル会場にどうしてもご招待したかったんです。そのあたりの整備にも時間がかかりましたね。ここで丸2ヵ月は費やしたと思います。

柳澤 法律関係は、欧米のほうが緩いのかと思っていました。

吉田 いえ、とくにヨーロッパは国の数が多いので……。

柳澤 細かいところを詰めていく段階になって、意外なところで法律が壁になったりするんですよね。

吉田 そうなんです。スクウェア・エニックスが契約している弁護士がその国にいないから、法律がリサーチできないということもありました。この国は大丈夫だけど、この国だと明確に法律に引っかかるとかもすごく多かったですね。

[ 『FFXIV』初のPvP公式大会のオンライン予選が開始! ふたりのキーマンに独占取材「参加だけでなく、身近な代表を応援してほしい」 – ファミ通.com より]

この法律回りの話、すごく興味深い(;゚∀゚)=3ムッハー

ただ単に好きなんよね、こういう話w
この後に続く具体例も面白かった(^ω^)

そうねぇ、確かにイメージだけでいったら向こうの方が緩そうに思うよなぁ。

 
この後も色々なお話をされておりますので、興味ある方はのぞいてみてくださいな(゚∀゚)アヒャ

 

About The Author

miqolatte
大都会Ridill村に住まうみこって好きおじさん。

Masamuneにもサブキャラがいるレガシー先輩でもあります。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket